行本明説と日本タイムマネジメント普及協会-Since 1988年10月-

当協会について
  

日本タイムマネジメント普及協会プロフィール

個人のマネジメントスキルの向上、各種ノウハウの開発と普及、それらの結果もたらされる組織の活性化を実現することを目的として、 コンサルタント、大学教授、プランナーが集まり、2002年9月に設立されたNPOを継承すると同時にそれ以前の行本の開発したノウハウも提供しています。
仕事の管理(仕事のさばき方)から幅広いスキル開発と実践を行う。
現在、主な活動は、WEB上でのセミナー、企業研修の受託、生産性向上の各種指導、タイムマネジメント指導員の養成、各種著作の出版、政策提言などと一般社団法人への移行。

概要

名称 行本明説と日本タイムマネジメント普及協会
[英文名:The Association of Japan Time Management Popularization]
所在地 札幌市西区山の手3条12丁目3-52
活動開始 1988年10月
TEL 011-642-2724
FAX 現在準備中
E-MAIL info@jtime.or.jp

設立趣旨

ビジネスにも、学習にも、暮らしの中のあらゆる仕事にも、時間の使い方は関係しています。
一人一人の個人がそのスキルを高めることで、豊で幸せな生活を送ることができ、企業や組織はさらに活性化し、成果もあがることにつながります。
時間は貴重な資源です。タイムマネジメントの方法次第で、同じ1日の時間でも、その内容や効果には何倍もの差がつきます。
物事のスピードが速く、情報量が増大している今の時代であるからこそ、タイムマネジメントの必要性はますます高まっています。
日本タイムマネジメント普及協会は、あらゆる人に、この貴重な資源を有効かつ意義あるものとして使っていただくための支援を行なう組織です。
マネジメントスキルの修得はこれまで、企業や組織の研修、あるいはビジネススクールといったごく限られた場所でしかできませんでした。
日本タイムマネジメント普及協会では、より広い層の方々がタイムマネジメントの恩恵を受けられるように、さまざまな活動を行なっています。
自宅にいながらにしてスキルを修得できるWebセミナーの実施、具体的な時間の使い方を紹介する情報交流会の開催、 これらをまとめた書籍の企画・編集・刊行。
日本という土壌にきちんと当てはまる新しい時代のタイムマネジメントの考え方、ノウハウを開発することも大きな目的の一つです。
この活動に参加されるすべての人が、24時間365日という限られた時間から、最大限の効果と確かな自己実現を生み出すことを祈っております。

活動について(一般社団法人)

活動目的 構築中
事業内容
(定款記載予定)
①マネジメント手法及びコミュニケーションの理論・ノウハウ・技術の情報交換、研究開発を行う。
②開発された理論・ノウハウ・技術が我が国経済の発展と国民の豊かな生活を実現する目的上いかに有効であるかをメディアを通じて政策提言を行う。
③各組織、個人におけるマネジメント上の各種取り組みの研究・調査をする。
④企業経営及び組織運営に関わる財務・労務・人事・営業・その他の教育研修並びにその相談業務、及び個人の能力向上を目的に開発されたマネジメント手法及びコミュニケーションの理論・ノウハウ・技術の教育研修をe-ラーニング、セミナー等で実施する。
⑤組織強化、個人の能力向上にかかわる各種相談業務を実施する。
⑥タイムマネジメントに関する書籍や資料の出版を行う。
⑦タイムマネジメントに関連する製品及びサービスについての市場調査を行う。
⑧上記事業に関わる広報活動を行う。
具体的活動 ①公開セミナー  ②WEB上でのセミナー・トレーニング  ③出版活動  ④ノウハウ開発活動
⑤生産性向上のコンサルティング  ⑥ホームページでの各種広報活動  ⑦政策提言
役員 ただ今役員の募集中。
会員会費
  • 正会員    策定中
  • 特別会員  同上
  • 法人会員  同上        
  • 賛助会員  同上
当協会についてメールマガジンのご案内サイトマップ
個人情報保護について  ├お客様接点方針について  ├知的所有権について  ├このサイトのセキュリティについて
SSL グローバルサインのサイトシール
Copyright(C) 2002-2017 The Association of Japan Time Management Popularization. All Rights Reserved.