■Top/Site Map ■Profile |サイト運営相関図 |行本明説プロフィール ├オフィシャル(日本語)├オフィシャル(English)├プロフィール├業歴 ■It's New ■Book |書籍案内|出版予定書籍|読者の声|書籍購入 ■Press |新聞・雑誌・テレビ・WEB|社内報・機関誌|レポート・小論文 ■Link
個人情報保護について

◎お問合せinfo@jtime.or.jp


日本タイムマネジメント
協会


BUSINESS HOSPITAL

■プロフィール■
 <行本明説(ゆきもと あきのぶ)プロフィール>

1955年、北海道に3人兄弟の長男として生まれる。弟が年子のため、幼少の頃より、父方の祖母のもとに定期的に預けられる。それが長万部だったので、毎日おやつは、毛ガニを食べたせいか、現在、手は毛ガニのように毛むくじゃらとなってしまった。また、幼少の頃は、路上で絵本を読むのが好きで、何度か、路線バスを急停車させたこともある。

小学校1年の時には、作文、絵、習字で全道で金賞を取り、神童出現とごく一部で騒がれたが、2年の時は、絵と習字のみで金賞。3年の時は、習字のみ銀賞。4年次以降は、佳作にも選ばれず、ただの小学生となる。

高校受験では、すべり止め2校で不合格となり、高校浪人を覚悟するが、たまたま、本命が超受験校で敬遠されたらしく、倍率0.9倍で、運良く、450人の枠の中に入る事ができ、合格する。

大学時代は、自ら学習塾を経営し、単位不足で卒業できず、学校から自主退学を勧められるが、またしても、運良く、「移管学生臨時措置法」により、筑波大学での留年が認められる。ちなみに、卒業証書に2つの大学の名前が入ったきわめて珍しいものを持っている。
サラリーマン時代は、社内の残業をひた走り、タイムマネジメントとは無縁の世界に身を置いていた。一人娘が病気でもあったので、地方転勤の内示を機に、退職し、コンサルタントとして独立。サラリーマン時代のお客様の紹介でタイムマネジメントのセミナーを受託し、以後、日本では、数少ないタイムセルフマネジメント専門のコンサルタントとなる。

Profile>行本明説プロフィール|オフィシャル(日本語)オフィシャル(English) プロフィール 業歴
本サイトに掲載されている情報(画像・文章)全てについて無断転載を禁じます。